日頃のメンテナンス 査定額

日頃からしっかりメンテナンス

みなさんは車を売るとき、なにか特別なことをしていますか?

ほとんどの人がそのままの現状で売っていると思います。確かに中古車の場合、安く買いはたかれることが多いので、あまり期待しないのかもしれません。でも、あることを少し気をつけるだけで、買い取り査定額はアップします。

大切に乗ってきた車を売る際に気をつけることはいくつかあります。


まず第一に綺麗に洗車することです。当たり前のことですが、これができていない人が実に多いです。車を査定するのは人間です。人間と同じで車も第一印象が重要となります。ですから車を売る際には必ず洗車しましょう。もし余裕があればワックスも塗りましょう。そうすれば第一印象がよくなることに加えて、常日頃から車を大切にする人なのだと査定側の人間が思いますので最低額もアップします。


第二にオイルを交換しておくことです。もし前々から車を売ることが決まっていたら、オイルを変えておきましょう。オイルは一定期間経ったら交換しなくてはいけないのですが、車の知識が無い人は交換しないことも多いのです。査定側の人間は必ずオイルをチェックします。もしオイルが交換されていないようだったら、定期的にメンテナンスがされていない車だと判断して、安い査定額を提示します。ですから前々から車を売ることが決まっていたら、オイルの交換をしておきましょう。


最後に、マフラー周りの掃除もしておくと良いでしょう。もちろんこれはしなくても良いのですが、査定側の人間は車体の下部も必ずチェックします。ですから簡単に手入れのできるマフラー周りくらい掃除しておくと査定額も上がりますよ。 以上が車を査定額を上げる方法です。