下取り 金額アップ

下取り200万円が230万円までアップした

新車を購入することになり、最寄の販売店へ行きました。 その際のお店での下取り価格は200万円。

予想していた金額の最低額で、もう少しどうにかならないものかお願いしたのですが、その時はその金額が限界だと言われました。

その旨を買取に詳しい父に相談したところ、販売店より買取専門店のほうが高く買い取ってくれるという情報を得る事が出来ました。

そこで一括査定をし、積極的に電話がかかってきた2社で実際に査定をしてもらうことにしました。

1社目は自宅まで車を見に来てくれるほど熱が入っていて、最初の提示価格は220万でした。

250万を希望価格にしていたので、それを伝えて交渉したのですが、それでも225万までにしかなりませんでした。

この会社の方はすぐに引き渡してもらいたいようでしたが、うちとしては他の会社も検討したいのでと保留にさせてもらい、次のお店に行くことにしました。

2社目は大手だったのですが、提示価格は230万とこれも希望価格には及びませんでした。

他でも査定してもらっている旨や、もう少しどうにかならないですかと何度か交渉したのですが、あまり人気がない車種ということと、年末で期間があまりないということで230万で決定となりました。

今回売却して実感したのは、車を買うときは出来るだけ人気の車種を購入すること。 そうすれば売るときも買い手が多いと言うことで、高額で査定してもらえるということでした。

あとは、年を越すと年式落ちというのがあるので、一気に査定が下がります。 そうならない為にも売却の時期は考えたほうがいいです。

さらに、かなり細かいところまで傷などはみられるので、出来るだけ綺麗に乗ることです。

購入の際も車のグレードなどがあり、無理をしてでも良いものを買っておくと買い替えの際に査定に影響が出るので考えておいたほうがいいかもしれません。

何にしろ車の買取店がやはり高く売るなら正解かなと。とにく一括査定の活用は大事なポイントのような気がします。

電話がけっこうかかってきて面倒なので苦手な人は対策が必要かもしれません。

合わせて読みたい記事:
一括査定のウザイ電話が来ないよう工夫したこと