比較 下取り

比較すること。下取りを避けること。

車を高く売るために私が実践していることは2つございます。

まず1つ目が他社の買取専門業者と比べることです。車を購入するときにも他社と比較する場合があると思いますが、買取でも十分通用します。

例えばAと言う買取店ではこれぐらいの買取金額を提示されたが、オタクの店ではこれ以上の値段をお願い出来ないでしょうか、と言うふうに持ちかけます。

するとだいたいの買取店では上司と相談しに裏に回りますので、そこでもし金額がダメならばすぐ出て行き、満足出来る金額で合えば決めてしまいましょう。

ここで絶対にしてはいけないのが、メーカーの店舗、つまりディーラー下取りで車を手放すことです。それはなぜかと申し上げますと、ただみたいな値段で買い取るからです。幾ら交渉しても徒労で終わりますので、その分を新車を購入するときに使いましょう。


2つ目が自身の車の長所を営業のように説明することです。

もし営業職を行っている方であれば効果的な方法です。例えば、このパーツは今ではどこも生産していないモデルですと限定商品をアピールしたり、年式は古いですがこれだけしか走っていませんと走行距離をアピールしたりと様々な方法がございます。

ですので、もしアピールポイントがあれば、遠慮せずにどんどん業者へアピールしましょう。

相手は車を査定することが仕事なのだから見たらわかると思っている人もいるようですが、見ただけではわからないものも多いのです。

アピールしてマイナスになることはまずありません。つまりリスクはゼロ。だからアピールできる要素があればダメ元で言ってみるのが正解ではないでしょうか。